40代で遺言を遺すメリットと注意点について

昨今、40代で遺言書を遺される方が増えてきています。

弊所でも、若い方が遺言書作成の相談に来られることがあります。

今回は、40代で遺言を遺すときのメリットや注意点について記事にしました。

40代で遺言書を遺すのは早すぎるのか

あなたは、40代で遺言書を遺すことについてどう思われるでしょうか。

もしかすると、遺言書の作成自体、資産家か、高齢者の話とお考えかもしれません。

 

しかし、私は、40代から遺言書を作っておくことは意義のあることと考えております。

なぜなら、元気なうちに遺言書を遺すことで、大切な人を守れる可能性があるからです。

 

私は、遺言書がないことにより、深刻な親族間の争いに発展したケースを経験しました。

その時、「1通の遺言書があったなら」と何度考えたか分かりません。

 

残念ながら、すべての人が平均寿命まで人生を送れるかは分かりません。

病気や事故で早くに亡くなる方は多くおられます。

そのため、相続で争いが起きる可能性があれば、遺言書を遺しておかれることをお勧めします。

40代で遺言書を遺すメリットについて

40代で遺言書を遺すメリットには、以下のようなものがあります。

  • 遺族の相続争いを防ぐことができる
  • 判断力が充分なときに自分の想いを遺しておける
  • 建設的なライフプランを立てるきっかけになる

まず、遺族の相続争いを防ぐことができるのが大きなメリットです。

夫婦に子がいない場合、夫の相続人は妻以外、夫の親兄弟がなる場合があります。

妻と夫の親兄弟の関係が良くなければ、遺言を遺す理由は大いにあるでしょう。

 

内縁の配偶者に財産を譲りたい場合も、遺言書の作成をお勧めします。

婚姻届けを出していない、事実婚をしている相手には相続権がありません。

もし一方が死亡した場合、相手は路頭に迷うおそれがあります。

 

また、判断力が充分なときに自分の想いを遺せるのも遺言のメリットです。

遺言には付言事項といい、遺族に伝えたい文言を遺しておくことができます。

付言事項の内容を考えることで、自分の人生を見つめることにもつながります。

 

その他、遺言を遺すことにより、建設的なライフプランを立てるきっかけにもなると考えられます。

40代で遺言書を遺すときの注意点

40代で遺言書を遺すときの注意点には、以下のものがあります。

  • 遺産の内容が変わることで、遺言執行の手続ができない場合がある
  • 公正証書遺言や秘密証書遺言では、作成のつど費用がかかる

 

40代で遺言を作った場合、その後、財産の内容が変わることがあります。

例えば、不動産・貴金属の購入や、金融機関での新規口座作成などが考えられます。

 

遺言書に記載されていない財産を取得したときは、遺言書を作り直した方がいいでしょう。

その理由は、遺言執行の手続ができなくなってしまうおそれがあるためです。

 

また、遺言を作り直す場合、自筆証書遺言以外では費用がかかります。

自筆証書遺言は管理上の点や、真正なものか疑義が生じやすい点から、弊所ではお勧めしません。

 

公正証書遺言を作成する場合、10~20万円程度の費用がかかることが一般的です。

そのため、出来るだけ作り直す必要のない内容で遺言を作成しておくことが望ましいといえます。

40代で遺言を遺される方に伝えたいこと

遺言を遺される方は、本当に立派だと思います。

遺言は自分の人生のことだけを考えていれば遺しません。

自分以外の人を大切に想うからこそ、遺言を遺されるのでしょう。

 

40代で遺言を遺される方には、周りからどう思われようが、しっかり遺して頂ければと思います。

私自身、多くの方が遺言制度を利用されることを望んでいます。

 

なお、自筆証書遺言を遺される場合には、正式な要件を満たすようご注意下さい。

法律に反する遺言を作成した場合、遺言の全部または一部が無効になることがあります。

遺留分や特別受益といった問題の検討も必要です。

 

遺言に関する本も多く発売されていますが、法律専門家に相談いただくことが最も安心です。

 

相談される場合でも、必ず遺言書を作らなければいけないわけではありません。

遺言の作成でお悩みの場合は、お気軽にご相談下さい。

参考条文

民法第961条(遺言能力) 15歳に達した者は、遺言をすることができる。