預貯金の相続

亡くなった方名義の預貯金は、金融機関がその死亡を確認した時から凍結されます。

その理由は、故人の預貯金は死亡により「相続財産」となり、相続人全員の共有財産とみなされるためです。

これにより、たとえ配偶者や子供であっても、一部の相続人が勝手に預貯金を引き出すことはできなくなります。

凍結された預貯金を払い戻すためには、多くの書面を金融機関に提出し、手続を行う必要があります。

下記はその一例となります。

相続人全員の印鑑証明書

故人の出生から死亡までのすべての戸(除)籍謄本

改製原戸籍相続人全員の戸籍抄本遺産分割協議書(相続人全員の実印が押印されたもの)

故人の預貯金通帳と銀行届出印

遺言書

金融機関の払い戻し請求書

ただし、緊急に必要な葬儀費用などは、遺産分割協議前でも、他の書類が揃っていれば払い戻しに応じる金融機関もあります。

この場合、事前に引き出した金銭は相続財産の一部とみなされますので、相続税の申告をされる際にはご注意ください。

 

遺言・遺産相続のご相談は
司法書士・今井法務事務所
兵庫県西宮市甲子園口北町1番23号荒木ビル3F

TEL:0798-31-5930