死亡届及び火葬について

人が亡くなった場合、まずどのような手続が必要でしょうか。

法律上、亡くなった方のことを「被相続人」(ひそうぞくにん)と呼びます。

被相続人の死亡については、届出義務者が、死亡の事実を知った日から7日以内(国外で死亡があったときは、その事実を知った日から3ヶ月以内)に届け出る必要があります。

届出義務者は、以下の者と定められています。(戸籍法第87条)

1.同居の親族

2.その他の同居者

3.家主、地主又は家屋もしくは土地の管理人

また、届出義務者ではありませんが、同居の親族以外の親族、後見人、保佐人、補助人及び任意後見人も届出をすることができます。

死亡届の届出に際しては、やむを得ない事由がある場合を除き、死亡診断書又は死亡検案書を添付しなければなりません。

死亡届の届出先は、原則的に、死亡者の本籍地又は届出人の所在地、もしくは死亡地の市区町村となります。
なお、被相続人の火葬をしようとするときは、火葬を行おうとする者は死亡届を受理した市区町村に対し、死体火埋葬の許可を申請する必要があります。

火葬は、他の法令に別段の定めがある場合を除き、死亡後24時間を経過した後でなければ行うことはできません。

遺言・遺産相続のご相談は
司法書士・今井法務事務所
兵庫県西宮市甲子園口北町1番23号荒木ビル3F

TEL:0798-31-5930